からだにいいこと温活プロジェクトからだにいいこと温活プロジェクト

  • ストレス冷え“には「心を癒やして温活」”
  • 服は“上を薄く下を厚く”お腹・太腿を重点的に

川嶋先生の「からだにいいころ」「温活」プロジェクト ー “ストレス冷え”には「心を癒やして温活」

女性の体に現れるさまざまな不調を辿ると、多くの原因は"冷え"に行き着きます。
そこで、今回は"ストレスによる冷え"の解消法をご紹介しましょう。

川嶋朗先生

川嶋朗先生

東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長。東京女子医科大学内科在勤中に、ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院留学。北海道大学医学部在学中に東洋医学研究会を創設し、現在も近代西洋医学と代替・相補・伝統医療を統合した医療をめざしている。

“冷え”解消のために一緒に「温活」始めましょう

 なんだか体がだるい、疲れやすい、よく風邪をひく、ニキビが治らない……。病院に行くほどではないけれど、健康ともいえない今の状態がツライ、という方は多いのでは?
「その原因は"冷え"かもしれませんね」
 と、教えてくれたのは医師の川嶋朗先生。
「冷えは血流を滞らせます。でも、血液は体の隅々にまで酸素や栄養を運び、熱を産出し、老廃物や疲労物質を回収する働きをしていますから、その血流が滞ると、体中のあちこちで問題が起こるわけです」
 そこで、「冷えによるトラブルから女性たちを守ろう」と、川嶋先生をはじめ、女性の体の不調に詳しいドクターたちや各企業が発足させたのが『血めぐり研究会』。そこでは、「カラダをポカポカ温めて、見た目はもちろん、心の中までヘルシー&キレイになりましょう!」というスローガンのもと、『温活プロジェクト』が発進しています。
「冷えは、体が発しているSOSです。冷え性や低体温は単なる体質ではなく、万病のもとになるのです。冷えを解決することは、健康で美しくなっていくことですから、ぜひぼくの提案する方法を実践してみてください」

たまったストレスが“冷え”の原因に!

 朝から満員電車で我慢をし、会社では人間関係に悩み、家では勝手な夫や言うことをきかない子どもにイライラ……。
「そんな、『ささいなことぐらいで』と思えるストレスも、ためてしまえば"冷え"の原因になります」と、川嶋先生。
「ストレスというのは、自分の関わる環境や他人との接触の中で、適応するのが辛いと感じた時に起きることです。ですから、ストレスを全くなくすことはできませんが、ストレスの原因を忘れる時間を増やしたり、ストレスに負けない心や体を作る工夫が必要です」
 そこで、ストレス冷えに向けた「温活テク」をご紹介。これらを実践して、リラックスして、心を癒やせる生活を送りましょう。

冷え解消でトクする6つのこと

冷えは万病のもとではありますが、では、冷えを解消すると、体は今とどのように変わるのでしょうか。温かい血液が、体の中をめぐると、こんなに"からだにいいこと"があるのです。

代謝がアップ

体温が上がると基礎代謝がアップ。消費エネルギー量が増えるので、ダイエットになり、太りにくい体を作ります。

血がめぐる

血流が良くなると、体の中の老廃物がスムーズに排出されるようになり、肩こりや首こりなども解消されます。

自律神経が整う

冷えは交感神経を優位にし続け、自律神経のバランスも乱れます。自律神経が整うと、イライラなどがなくなります。

自己治癒力が上がる

血流が良くなれば、自然治癒力もアップ。風邪やインフルエンザなどへの抵抗力が高まると同時に、治りやすくなります。

免疫力が上がる

冷えのない体は血行が良いだけでなく、様々な酵素の働きが良くなり、あらゆる病気に罹りにくくなります。

体の変化に対応できる

7歳ごとに変化すると言われる女性の体。冷えが解消すると、その変化にも対応でき、更年期障害も軽減されます。

あなたの冷え度チェック

川嶋朗先生おススメ 心を癒やす「温活テク」

ぬるめ入浴で平熱を上げる

体の芯まで温めることができる入浴。血行が良くなるだけでなく、ストレスの解消にもなります。38℃~40℃ぐらいの湯温で、じっくりつかるのが最適。川嶋先生は、「ぼくは毎日、36℃~39℃ぐらいの微温で30分は入浴します」。

ツボでストレスを解消する

自律神経の働きを整えるツボを刺激しましょう。「手にあるツボは、いつでも場所を選ばず押したり揉んだりすることができます。イライラした時や不安感がわいた時だけでなく、気が付いた時にも刺激するといいでしょう」

お気に入りのものに囲まれる

「心が安らぎ、癒やされるのは、大好きな音楽を聞いたり、好きな香りに包まれたりしている時です。気持ちがいいと感じることはすべてやってみましょう」。インテリアの色に、心が落ち着く青、緑、オレンジ、紫などを使うのも効果ありです。

お酒はカラオケで発散

「お酒の飲み過ぎは体にも睡眠にも良くありませんが、ビールやワインのグラス1杯程度は良薬です。また、ストレス発散にはカラオケもいいです。腹式呼吸で歌うことで、マラソンをするのと同じように、カロリーを消費しますからね」。

ゆっくり吐く呼吸をする

「呼吸には、自律神経が関係します。ゆったり息を吐き出す呼吸をすると副交感神経が優位に働き、心が落ち着きます」。そこで、ヨガ呼吸の基本をマスターしましょう。深い呼吸を意識的に行うだけでストレスが薄れていきます。

愚痴を言う

「ヒトに悩みや苦しみを聞いてもらうだけで、心は軽くなります。だから、愚痴が言い合える友人を作ることが大切ですね。また、毎日『ありがとう』と感謝しながら生活することも、気持ちをポジティブにし、心が癒される方法です」

笑い、感動する

「笑ったり感動することで、体温が上がるという報告があります。また、人は楽しいことをする前の期待感だけで免疫力がアップしますし、楽しみの後でもその効果が持続します。どんどん笑い、感動する生活を送りましょう」

  • ストレス冷えには「心を癒やして温活」
  • 服は上を薄く下を厚くお腹・太腿を重点的に